高く早く売れる!埼玉の不動産売却Navi

種別ごとに選ぶ!埼玉・不動産売却仲介会社の特集サイト

少しでも高く売るには

こちらでは不動産を少しでも高く売るためのタイミングや方法、コツについて不動産投資の場合と一般の場合に分けて紹介します。

マンションや土地などの不動産を高く売る方法

不動産を売却することが決まったら、売主としてはできるだけ高くで売りたいと思うのは当然のことですが、そのためにはどうすればいいのでしょうか?

以下に、投資家目線・一般の方目線に分けて詳しく解説していますのでご覧ください。

多くの収益物件を所有して不動産投資をしている場合

収益物件を少しでも高く売るためには、不動産会社に査定依頼する前に、できる限りの準備をしておく必要があります。

そこで、重要視すべき3つのポイントをまとめてみました。必ずチェックしてください。

収益物件を高く売るポイント

1.収益物件の価値を高める

投資物件は収益が高いほど価値が高くなるので、入居者を確保し続け高稼働率を維持しなくてはなりません。

そのために外観(入居者はほぼ外観の第一印象で決定する)、最新の設備(モニター付インターホン、ウォシュレット、オートロック、浴室乾燥機、インターネットなど)で価値を高める必要があります。

2.高く売れるタイミングで売却

建物は構造的に法定耐用年数が決まっていて、木造住宅は22年、重量鉄骨造は34年、鉄筋コンクリート造は47年となっています。

例えば木造の中古アパートを売却するタイミングは、法定耐用年数を超えると多額の修繕費がかかることも多いので、築15年くらいの法定耐用年数内に売却してしまうのが一番です。

3.信頼できる不動産会社を選ぶ

不動産会社は家賃収入のために投資物件を買い取るのではなく、買い取り価格に利益を上乗せして売却するためです。

良心的に相談に乗ってくれて、信頼できる会社であることはもちろん、販売力のある不動産会社を選ぶようにしましょう。

一般的な大家さんや土地や収益物件を相続した人の場合

不動産の売却は買い手がいてはじめて売ることができるので、買い手のタイミングやマーケット次第で売れる価格も変わります。

そのため、不動産投資の素人だからこそ注意すべき点があります。以下に、できるだけ高く売りたい人がおさえておくべき3つのポイントをまとめています。ぜひチェックしてください。

不動産を高く売却するためにすべきこと

売却活動は余裕をもって行う

売却は思っている以上の時間がかかり、相談から売却完了まで平均で半年、長ければ1年以上かかる場合もあるので、遅くとも半年前には売却活動を開始しましょう。

売却に必要なものをそろえる

不動産会社への査定依頼前に購入時のパンフレット・購入時契約書・重要事項説明書などの書類・権利書・固定資産税の納付書など、必要な資料を準備しておきましょう。

信頼できる仲介会社を選ぶ

査定価格が高いからというだけで仲介会社を選ぶのではなく、売り手になって売却戦略を考えてくれるような担当者がいることも重要です。

不動産を高く売却するためのポイント

良い仲介会社を選ぶ

プロの投資家と違って所有マンションや相続した土地などの不動産物件を売却することは一生に一度あるかないかのことでしょう。

何もわからないのがあたりまえなので、不動産売買のプロである不動産会社に依頼する方が多いのですが、どこの会社に依頼するかによって売却金額が大きく違ってしまいます。日常品などの場合と違い不動産の場合は1割違うと100万単位で違うことになり、3000万の物件なら300万円もの違いが出てしまうのです。

媒介契約から成約まで1ヵ月~6ヵ月かかり、媒介契約前に複数の不動産会社に査定依頼する時間も必要なので、十分に余裕をもって仲介会社選びをしましょう。

売却価格を工夫する

価格が安く見える心理効果を考慮し売却価格の端数は3,980万、4,490万などのように80万、90万にし、最初の売り出し価格は高めに設定しましょう。

売却の計画を立てる

高値で売却するためには急がずじっくりと待つことも大事ですが、ただ待つだけではなく、いつまでに売るか、価格をいつ下げるのかなどの計画を立てることも必要です。

内覧時に好印象を持てるよう工夫する

不動産購入希望者は必ず内覧しますし、高く売却するには内覧の件数を増やす必要があります。

見学者に好印象をもってもらうためには「電灯を新しいものにする」、「なるべく余計なものを部屋に置かない」、「水周りはきれいに掃除しておく」、「空気の入れ替えをし、窓やカーテンを開ける」など、部屋をなるべく、広く、明るく、きれいに見せるなど工夫をする必要があります。

内覧はまとめて取る

買主の都合ではなく、売主の都合に合わせた内覧時間にし、なるべく内覧者をまとめるようにします。内覧者が重なると人気物件であることを演出でき、売主の強気な姿勢を見せることで買主に真剣さが伝わるからです。

高く早く売れる!埼玉の不動産売却Navi